クルマを売却する際の方法の件ですが、当ページでしっかりとわかっておきましょう

使用した車を売りわたす場合の段取りというと下取り、そして買い取りというのが有ります。下取りの場合は新しい所有車を買う際、これまでの使用ずみの自動車を買い上げてもらうというものです。主として新車の販売店が買取をおこなうので売値のほうはどちらかというと低くなることが多いです。

逆に買取りのほうは車買取専業店が行なっていて、使用した自動車として販売する事を予定に買い上げ価格を決めるので、どっちかというと高額の買い上げが望めるでしょう。いずれにしろ古い車を売却する事であり、売り払う前に引き上げプライスを決めるための品定めがされることとなります。

評価をしてもらう際に気に掛かるのがリサイクル料です。使用していた車の品さだめで出されるプライスとしてはその中古車本体の値段、くるまに附随するリサイクル料や自賠責保険等々プラスした値段の二つの種類があります。リサイクル料に関しては使用した車をゲットしたさい、または「リサイクル料」が未納の場合ですと車検を受けた時支払われるもので、将来、使用していた車を廃車として壊してしまうさいに必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等をリサイクルするときの代金となって使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、解体処分する際に自動車リサイクルシステムから支払されるということになります。

料金は大体、軽自動車で8千円ほど、国産車であれば10000円位、外車等で1.5万円くらい、その他で2万円ぐらいを納める必要があったりもします。大抵の使用ずみの車買い上げでは、そういったリサイクルの代金を使用ずみの車の買上げ額とは別として引き取りされるという事となるわけですが、リサイクル料金をいれて引き受け値段であるというケースもあり、引き取りを希望という時にあらかじめ確認しておくのが大切です。

Comments have been closed/disabled for this content.