ユーズドカーを処分する時の段取りの関連で、このへんでできる限り理解しておきましょう

使用していた自動車を売却する時の手立てには買取、そして下取の2つがございますよね。下取りの場合は新しい自動車を手に入れると同時に古い使用ずみの自動車を引き上げていただくというものです。大体新車の販売店が買取を行うので価格のほうはやや低目になるケースが多いです。

逆に買取りのケースはくるま買取専門ショップがしているもので、u-carという名目で販売する事を予定に買受けの価格を決めるので、割と高値の買受が望めるでしょう。どちらにしても中古の車を売却することであり、引き取ってもらう前に買い取り金額を決めるための評定がされるわけです。

品さだめをして貰う場合に気に掛かるのは「リサイクル料」です。使用した自動車の見立てで提示されるプライスとしてはその中古車それ自体の価格、ユーズドカーに附随する自賠責保険とかリサイクル料などなどいれた額の2つの種類があります。リサイクル料はそのクルマを購入したさい、若しくは「リサイクル料」が未納の場合には車検を受けた場合に支払いとなりますので、後に中古の車を廃車として処分するさいに必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などをリサイクルする際の料金という名目で使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、処分する時にJARSから払われることになります。

その際の費用は、軽自動車であれば8千円ほど、国産車であれば1万円程、輸入車等であれば1万5千円程、それ以外で約2万円ほどをいれる必要があります。たいがいのマイカー買い受けの場合、これらのリサイクル料金を使用ずみの車の買い上げ額とは別個で引き取りされるというような事になるわけですが、リサイクル代金を含んで引取り額となっている場合もあり、買取りを希望するケースで先に確認しておくということが大事な事となります。

Comments have been closed/disabled for this content.