不要車の品定めというのは残債完済前のケースでもオッケーでしょうか?当ページで理解しておきましょう

ユーズドカーの買取り業者に格付けをオーダーしたものの、ローンを払いきれていないという場合も考えられます。そのような事情では、その売却予定の古い自動車の所有権がご本人なのか別な方なのかどうかについて何はともあれ把握しておくことが必要となります。

実際のところ、所有者について何をチェックしたら把握できるのかというと、車検証に書き込まれているお名前の人が古い自動車の権利者となります。

今のお車を手に入れた時点で銀行等が提供する自動車ローンを設定された時には、この「自動車検査証」に書かれているお名前があなたのお名前となっているのですが、割賦払いを契約したのが信販会社であるケースでは名前がそこの記載となっています。信販系でローンを組む場合になぜこのように信販会社を持ち主として記載するのかというと、それは毎月の支払いが滞った場合、スグにその車を差し押さえして確保することを考えているからです。

そうした事情から所有権がローン会社にある際はそのくるまを勝手に売り払う事はできません。どうしても売却したいのであればまずは残債を完全に支払するか割賦契約の組み替えをすることで所有権を貴方の名前に変えた上で売却をすることが求められます。ですが、現実問題こうした事が可能なのは現在手持ちの資金が余りある時という事に限られてしまいます。であるならば、資金が足りない場合はどのようにするのが望ましいでしょう。

こうした際は診断をやってくださったユースドカー買取店にご相談いただけると、不要車の買取価格から残債の支払いの分を返済し、所有権者を自分自身の姓名に直していただくことが出来ます。手続きに関しても全てにおいて買取り業者に任せられるので大丈夫です。

Comments have been closed/disabled for this content.