中古の車の引き取り額に事故車はどれぐらい関係してくるかチェックしましょう

古い自動車の買取りについて依頼した際は、初めに評価を受けるのが順序です。その評価については買取専業店の担当者が行う訳ですが、u-carマーケットの価格等から算定されるというものです。

一般的に使用した車のということで売り出されている価格の20~30%位が買取の値段と言われているようですが、売れ筋の車だったり、希少価値のある車である等のときには想像以上の高値がでるときもあるでしょう。それと、製造年は新しい方がモチロン高い金額となります。一方でこういった買取金額はユースドカーが万全な状態であり、問題があるケースだと低い鑑定となります。中でも特に修復歴等になるとプライスに大きく響いてきます。

修理歴といっても定義があいまいですが、基本的にはお車の骨組みであるフレームにまで跡を残すような事故を起こしてしまったお車は事故車という事になります。そのような修復歴のあるクルマはいずれ何か悪い影響が出現するリスクが有るので、見積もりに関しては悪材料となってしまいます。ですが、フレームの方にまで影響がなく、外装を修復した位であれば無問題ですが、しかし事故歴としてはついてしまいます。

無論、修復歴が付くわけなのでデメリットの影響がありますが、事故車より安い見積りになることは無い筈です。その他、エンジンやギアなどに面倒が発生しているときにもマイナスという事で見られますし、普段からのメンテナンスの状況が査定に影響されます。

そういった部分はシロウトにはちんぷんかんぷんですが、診断をおこなう会社ではシッカリ状態をチェックしてくる筈です。

どっちにしても修理歴としては存在しないことがお車買取の値段においてはアップできるか否かの分かれ目となります。

Comments have been closed/disabled for this content.