中古の車の買取のプライスに事故車はどれほど影響してくるのでしょうか

中古車譲渡に関して頼んださいは、まずは品定めを受けることになります。その際の品定めの方はお店のの人が行い、ユースドカーマーケットの価格などから算定されるものになります。

たいてい古い車のということで売られているプライスの20~30%ほどが売却額となっていますが、人気の車種や、希少価値のある車ですとかのケースでは高い査定がでる時もあるでしょう。それと、年式は新しい方がやっぱり高く売却できます。一方、そういった買取金額はマイカーがちゃんとした状態のときであって、完全ではない時には低い査定となります。特に事故の跡なんかは見積にかなり影響します。

事故車とは言っても定義は微妙なところですが、とりあえずクルマの基礎となるフレームにまで駄目になっているようなアクシデントを経験してしまったくるまは事故車扱いになります。そういった事故車はいずれ何かしらの悪い影響が出る危険性が有るので、見積では短所になります。一方で、フレームの方にまで影響がなく、外装をリペアしたくらいであればなりませんが、ですが修復歴が付くことになります。

モチロン修理歴としては付く訳なのでマイナスの影響があるのですが、事故車に比べ低い鑑定額となることはありません。ほかにも、エンジンなどに面倒が起きているケースでもマイナスという事で鑑定されますし、日頃のメンテナンスの状態が買取額に影響されます。

その辺は傍目には見分けはつかないのですが、審査をおこなう専業ショップではしっかりその部分も逃さない筈です。

どちらのケースでも直した痕跡が無いという事が中古車査定額をアップできるか否かの条件となってきます。

Comments have been closed/disabled for this content.