使用していた自動車の買い取りの値段に事故歴などはどれくらい関わってくるのでしょう

古い自動車の売り渡しの方を頼んだときには、まずは評定を受けるのが順序です。その時の評価については買取専業店の査定士おこない、オークション市場の値段などから決定するといったものです。

一般的に使用した車のということで販売されている値段の2~3割位が売却価格と言われているようですが、人気のある車だったり、珍しいくるまでしたりなどの時には思った以上の高い値段がつく時もあるみたいです。また、製造年は新しければ新しいほどいうまでもなく高く売れます。一方、そういった買取金額は古い自動車が完全な状態であり、完全じゃない時だとマイナスに査定されます。中でも事故の跡などになると見積価格に大きく影響します。

修理歴といっても定義があいまいですが、とりあえずお車の骨格であるフレームの部分にまでダメになるようなアクシデントを起こしてしまった車両はこれに当てはまります。この修復歴のあるクルマは将来において何がしかの負の影響出てくるかもしれないという危険性があるため、見積金額においてはマイナスとなります。とはいってもフレームの部分にまでダメージがなく、外見を修復したぐらいならなりませんが、しかし事故歴としてはつきます。

勿論、修復歴が付くわけですから良くない影響が被りますが、事故車よりも低い査定となることは無い筈です。その他、エンジン等にトラブルが起こっているさいもマイナスという事で審査されますし、常日頃の点検整備の状況が買取の値段に関わってきます。

そうした部分は我々にはわからないところですが、審査額を行う店はきっちりとその部分も確認してくるでしょう。

いずれにしても修復歴としては無いという事がくるま買取の値段に於いてはアップできるか否かの条件となります。

Comments have been closed/disabled for this content.