使用済みの自動車を売りわたすさいの手続きについてですが、この辺でしっかり確認していきましょう

ユーズドカーを売り払うときの仕方としては下取り、そして買い取りの2つがありますね。下取の場合というのはおニューの中古車をゲットすると一緒にこれまでの中古の車を引受けしていただくというものです。大抵は新車販売店が買取りをおこないますので買い取り額のほうは割と低めに見られるケースが多いです。

もう一方の買取りのケースはユースドカー買取り専門の業者がやっているもので、古い車という名目で販売する事を予定して買上げの金額を決めるので、意外と高値での買上が期待できるでしょう。どちらにしても古い自動車を引き受けてもらうことであり、、引き取ってもらう前に買い取り価格を決めるための値踏みがおこなわれることとなります。

見積りをしてもらうさいに気になるのが「リサイクル料」です。中古車の格付けで提示される価格としてはそのお車本体のお値段、中古車についてくるリサイクル料とか自賠責保険等々入れた価格の二つの種類が御座います。リサイクル料に関しては使用した自動車を購入した時、または「リサイクル料」が未払いのケースでは車検を受けた時支払いになりますので、今後中古の自動車を廃車にして処分する時に必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等々リサイクルする為の費用ということで使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体処分するさいに自動車リサイクルシステムから払われるということになります。

その場合の料金は大体、軽自動車であれば8000円くらい、国産車だと1万円ほど、外国製自動車などで1万5千円ほど、それ以外で2万円くらいを入金する必要があったりもします。だいたいの使用した車買い上げであれば、これらのリサイクル料金を使用していた自動車の買上げプライスとは別ということで引き取りされるという事となるんですが、リサイクル料をいれて評定値段であるというケースも有り、買取りを依頼する際に先にチェックしておくことが大切です。

Comments have been closed/disabled for this content.