使用済みの車を売り払うさいの進め方について、この辺でしっかり見ておきましょう

中古の自動車を売りわたす場合の手立てというと買い取りと下取りが有りますね。下取りの場合というのは新しい自分のくるまのを入手する時、前の使用済みの自動車を買い受けしてもらうというものです。殆どは販売会社が引取りをおこなうため値段のほうはどっちかといえば低価格に見られがちです。

一方で買取りのほうは車買い取り専門店が行っており、使用済みの車として売却することを前提に買上の金額を決定するため、どっちかというと高額な引き上げが望めます。いずれにしても使った自動車を引き受けてもらうことであり、、その前に買上げ金額を決めるための見積りがされることとなります。

品定めを依頼する場合に気に掛かるのはリサイクル料です。使用した車の評定で出されるプライスとしては所有車そのものの金額、クルマに附随する自賠責保険やリサイクル料など含めた価格の2つの種類が有ります。リサイクル料についてはクルマを入手した時、または「リサイクル料」が未納だった時には車検を受けた時に支払いとなりますので、のちに使用ずみの車を廃車にして解体する場合に必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などなどリサイクルするときの代金となって使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、解体するケースでJARSから支払されることとなります。

その際の代金はおおよそ、軽自動車であれば8千円程、国産車の場合は約1万円、外国製自動車の場合15000円程、それ以外で20000円ほどを納める必要性があったりもします。たいていの不要車買い受けであれば、こうしたリサイクルの代金を中古車の引き取り価格とは他として引受けされるというような事になるワケですが、リサイクルの料金を入れて買取り額であるという場合もあり、買取を依頼する場合はまずは確認しておくということが重要です。

Comments have been closed/disabled for this content.