古い自動車の買取りについてはお支払いが完済前であっても良いのでしょうか?チェックしましょう

使用していた車の買い取りのお店に評価を依頼したものの、ローンが残したままであるといったこともあり得ます。そのようなケースでは、売却しようとする中古の車の権利が自分自身なのか他人なのかどうかについて何はともあれ確認しておくことが求められます。

実際のところ、所有者が誰かについてなにを見ていけば把握できるのかといえば、「車検証」に載っている氏名の方が中古の自動車のオーナーとなる訳です。

くるまを買った際に銀行などの分割払いを設定された場合は、この「自動車検査証」に記載のある氏名がご本人のお名前になっている訳ですが、その自動車ローンを設定されたのがクレジット系の会社だったケースだと名前がクレジット会社の名前になっているのです。信販系で分割払いを組む場合どういう理由でこのように信販会社を名義人として記載しているかと言えば、回答としては月賦が滞納したりしたら、直ちに愛車を担保という形で確保できるようにするためです。

このような訳で所有権がローン会社となっている場合はそちらの車を自分勝手に売り払う事は無理なことです。何が何でも売り払いたいなら先に返済を完全に完済するか分割払いの組み替えをすることで所有権者をあなたの名前に変更した上で売り払う必要性が出てきます。そうとはいえ実際そうした事が出来るのは今お手持ちの資金がたくさんある場合に限定されます。じゃあ資産がないならどんな方法を取るのがいいのでしょうか。

そんな場合は、見たてをやっていただいた不要車買取ショップにわけを話すと、中古車の売却額から残りの支払い分を完済させ、持ち主をご自身の氏名に変更して頂くことができるという訳です。手続きの方も全てをお店の方にオマカセ可能ですから問題ありません。

Comments have been closed/disabled for this content.