古い自動車を売り渡す場合の方法にかかわる事を、このへんでじっくりチェックしておきましょう

使った自動車を売却する場合の仕方というと買い取り、そして下取りの両方が存在しますよね。下取りのケースというのは次の中古車を手に入れる代わりにこれまでお乗りの使用ずみの自動車を買い受けして貰うというものです。主として新車販売会社が引き受けをするので値段のほうはやや低目になる場合が多いです。

他方、買い取りの場合には古い車の買取専業店がやっていて、使用済みの自動車という名目で店頭に出すことを前提として買い受けのプライスを決定するため、どっちかといえば高目の引き取りが期待できます。いずれにしろ中古の車を売却する事であり、売却する前に買上げ額を決定するための見積りが行われます。

見たてを行う時に気になるのがリサイクル料になります。使用ずみの車の格付けで提示される値段としてはクルマそのものの値段、ユースドカーに附随するリサイクル料や自賠責保険等を合計したお値段の二つの種類が存在します。「リサイクル料」は使った車を入手した時、又は「リサイクル料」が未納の時には車検を受けた場合に支払われるもので、今後中古車を廃車として壊してしまう時必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などをリサイクルするさいの料金という名目で使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、壊してしまう場合自動車リサイクルシステムから払われることになります。

その際の料金は、軽なら8千円程、国産車の場合は1万円ほど、外車などで1.5万円位、それとは別に2万円位を納める必要性が御座います。大体のu-car引き取りでは、こういったリサイクル料金をマイカーの買上値段とは他のものとして買取されるというような事になりますが、リサイクル料金を含んで評定値段としているケースもあり、買い取りを希望する際には前もって確認しておくことが大事です。

Comments have been closed/disabled for this content.