古い車を処分するときのやり方のことを、このへんできちんと理解しておきましょう

使った車を売り渡すときの手続きというと買い取りと下取りの2つがございますよね。下取りの場合は次の中古車を買う際、これ迄の中古の自動車を引受けして貰うというものです。大抵は取扱店が引受を行うためお値段の方は割と低価格になる場合が多いです。

一方、買取りのほうはお車買取専業店がやっているもので、おクルマという名目で売る事を前提として買取りの価格を決めるので、わりと高値での買い取りが期待できます。どっちにしても中古車を買い取ってもらうことであり、売却をする前に買上金額を決定するための格付けがされることとなります。

審査をして頂くさいに気になるのはリサイクル料になります。使っていた車の見積りで提示されるプライスというのはそのクルマそれ自体のプライス、自分のクルマのについてくるリサイクル料とか自賠責保険等プラスしたお値段の2つの種類がございます。リサイクル料に関してはその古い車を購入した時、またはリサイクル料が払われてなかった場合ですと車検の場合支払いになりますので、この先使用していた自動車を廃車として壊してしまうケースで必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等リサイクルするときのコストということで使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、処分する時に自動車リサイクルシステムから支払されることとなります。

その際のコストは大体、軽だと8千円くらい、国産車だと1万円程、外国製自動車とかで1.5万円くらい、それ以外で20000円ほどを入れる必要が御座います。大体のユーズドカー引き上げだと、こうした「リサイクル料」を中古の自動車の買取プライスとは他として引受けされるというような事となるんですが、リサイクルの料金を含めて買取り価格としてる場合もあり、引取りを希望という場合には先に確認しておくのが大事なこととなります。

Comments have been closed/disabled for this content.